テコム 出版事業部
看護学関連書籍のご案内

テコム看護

helpman japan.com


必修ラスパ2019Webアプリ



『ラ・スパ』シリーズ
  [シリーズの説明を見る]
必修ラ・スパ 2019

実習で忙しい看護学生を強力サポート! 合格を確実にしたい看護学生に手にしてほしい一冊。

必修ラ・スパ 2019

販売中購入する
井上大輔(日本医科大学千葉北総病院教授/旭川大学客員教授)
A5判,492頁,2色刷
2018/05/21発行
¥2,484(本体¥2,300+税¥184)
ISBN 978-4-86399-417-1
平成30年版最新ガイドライン対応!
追加項目などをガイドライン対応表に明記!
予想問題350問+国試必修過去問630問の収載で,必修対策はこれで充分! 一般問題対策にもなる内容!
    [正誤情報]

必修ラ・スパ 2019 正誤情報 (2018/11/30 更新)








目次
目標Ⅰ 看護の社会的側面および倫理的側面について基本的な知識を問う。

1.健康の定義と理解
 ・健康の定義
 ・健康に関する指標
 ・受療状況
2.健康に影響する要因
 ・生活行動・習慣
 ・生活環境
 ・社会環境
3.看護で活用する社会保障
 ・医療保険制度の基本
 ・介護保険制度の基本
4.看護における倫理
 ・基本的人権の擁護
 ・倫理原則
 ・看護師等の役割
5.看護に関わる基本的法律
 ・保健師助産師看護師法
 ・看護師等の人材確保の促進に関する法律

目標Ⅱ 看護の対象および看護活動の場と看護の機能について基本的な知識を問う。

6.人間の特性
 ・人間と欲求
 ・対象の特性
7.人間のライフサイクル各期の特徴と生活
 ・胎児期
 ・新生児・乳児期
 ・幼児期
 ・学童期
 ・思春期
 ・成人期
 ・老年期
8.看護の対象としての患者と家族
 ・家族の機能
 ・家族形態の変化
9.主な看護活動の場と看護の機能
 ・看護活動の場と機能
 ・看護の機能と役割

目標Ⅲ 看護に必要な人体の構造と機能および健康障害と回復について基本的な知識を問う。

10.人体の構造と機能
 ・人体の基本的な構造と正常な機能
 ・人間の死
11.疾患と徴候
 ・主要な症状と徴候
 ・主要な疾患による健康障害と基本的な回復過程
 ・基本的な臨床検査値の評価
12.薬物の作用とその管理
 ・主な薬物の作用と副作用(有害事象)
 ・薬物の管理

目標Ⅳ 看護技術に関する基本的な知識を問う。

13.看護における基本技術
 ・コミュニケーション
 ・看護過程
 ・フィジカルアセスメント
14.日常生活援助技術
 ・食 事
 ・排 泄
 ・活動と休息
 ・清 潔
15.患者の安全・安楽を守る看護技術
 ・療養環境
 ・医療安全対策
 ・感染防止対策
16.診療に伴う看護技術
 ・栄養補給
 ・薬物療法
 ・輸液・輸血管理
 ・採 血
 ・罨 法
 ・呼吸管理
 ・救命救急処置
 ・皮膚・創傷の管理

●必修問題 過去問(第93〜107回)

TOP   

<<戻る
 316731