テコム 出版事業部
正誤情報
正誤情報(書籍の指定)
別の書籍を検索するには,再度書籍を選択し,[表示]ボタンを押してください。


 ページ順 更新日順
 印刷用ページの表示

歯科国試ANSWER2020 Vol.8 歯科矯正学
p.282 103B-33 選択肢考察 a  [2019/09/06追加]
セファロ分析よりフランクフルト下顎下平面角が1SDを超えて小さい。以下のPointに示した作用③のために,誘導面が必要な部位である。
セファロ分析よりフランクフルト下顎下平面角が1SDを超えて小さいため,誘導面が必要な部位である。

p.282 103B-33 選択肢考察 b  [2019/09/06追加]
セファロ分析よりFH平面に対する上顎中切歯歯軸傾斜角が1SDを超えて大きい。以下のPointに示した作用②のために,誘導面が必要な部位である。
セファロ分析よりFH平面に対する上顎中切歯歯軸傾斜角が1SDを超えて大きいため,誘導面が必要な部位である。