歯科医師国家試験対策予備校, 模擬試験, DES 歯学教育スクール
DES 歯学教育スクール

模擬試験
第113回国試へのアプローチ

訂正情報

歯科国試模擬試験に誤りがございました。下記のようにご訂正くださいますようお願い申し上げます。 混乱を招きましたことをお詫び申し上げます。

更新日:19/11/07

第2回

問題番号A問題42(解説書 p.38)
場所選択肢考察 d
×d 日内変動1℃以上の発熱を間欠熱という。弛張熱は38℃以上の発熱が、日内変動1℃以内で持続するものをいう。
d 日内変動1℃以上の発熱を間欠熱または弛張熱という。間欠熱は日内変動1℃以上で平熱のこともあるのに対して、弛張熱は日内変動1℃以上で37℃以下にならないものをいう。
場所正解
a 、b 、e
a 、b 、d 、e
場所ポイント 弛張熱
 日内変動1℃以内
37℃以下にならない
 日内変動1℃以上
37℃以下にならない
備考「弛張熱」は「日内変動1℃以内」として選択肢 d を不正解としておりましたが、正しくは「日内変動1℃以上」が弛張熱の定義であり、選択肢 d は正解だったため訂正いたします。
問題不備のため、全員正解として扱わせていただきます。
問題番号A問題43(解説書 p.38、問題集冊子 p.16)
場所問題文
介護支援専門員が行うのはどれか。2つ選べ。
介護支援専門員が行うのはどれか。1つ選べ。
備考問題文の記載に誤植がありましたため訂正いたします。試験実施時には「1つ選べ」として、正解の選択肢1つをマークシートにご記入いただきますようお願い申し上げます。混乱を招きましたことをお詫び申し上げます。
問題番号A問題90(解説書 p.105、問題集冊子 p.41)
場所問題文
は再修復を行うこととした。
は再修復を行うこととした。
備考問題文の記載に誤植がありましたため訂正いたします。
問題不備のため、全員正解として扱わせていただきます。

第1回

問題番号B問題46
場所問題文(解説書 p.152、問題集冊子 p.17)
窓術が適応となるのはどれか。2つ選べ。
窓術が適応となるのはどれか。2つ選べ。
備考問題文の記載に誤植がありましたため訂正いたします。
問題不備のため、全員正解として扱わせていただきます。
問題番号B問題90
場所問題文(解説書 p.218、問題集冊子 p.39)
解答:  ①   ②  
解答:  ①   ② 
備考問題文の記載に誤植がありましたため訂正いたします。
問題不備のため、全員正解として扱わせていただきます。
問題番号C問題10
場所問題文(解説書 p.228)
猩紅熱は主にStaphylococcus aureus(黄色ブドウ球菌)による感染症である。
猩紅熱は主にStreptococcus pyogenes(化膿レンサ球菌)による感染症である。
備考選択肢考察の記載に誤植がありましたので訂正いたします。なお、正解に変更はありません。
問題番号C問題73
場所問題中 歯周組織検査結果表 2段目(解説書 p.291、問題集冊子 p.31)
歯種
歯種
備考問題文の記載に誤植がありましたため訂正いたします。
問題不備のため、全員正解として扱わせていただきます。
問題番号D問題78
場所選択肢考察d(解説書 p.407)
の遠心移動を行う必要がある。
の遠心移動を行う必要がある。
備考選択肢考察の記載に誤植がありましたので訂正いたします。なお、正解に変更はありません。