模擬試験訂正情報

各模擬試験の訂正が発生した際は,速やかに当ページに掲載させていただきます。

第113回医師国試対策模擬試験 訂正情報

模擬試験の訂正情報を掲載しております。混乱を招きましたことを謹んでお詫び申し上げます。

更新日 : 18/10/09

第2回

A問題20;解説書p.19 不適切問題として、全員を正解といたします。[18/10/09掲載]
 本問は水疱性類天疱瘡が確定診断となる症例で陽性となる現象・徴候を問い,Nikolsky現象を正答としておりました。しかし,水疱性類天疱瘡ではNikolsky現象は一般的に陰性であり,他の選択肢にも陽性となるものがないため,解答不能な問題であると判断いたしました。
 よって本問は全員正解の不適切問題といたします。
A問題41;解説書p.50[18/10/09掲載]
選択肢考察
×d 多発性骨髄腫の治療薬である
×d HIVの治療薬として使われる
「プロテアソーム阻害薬」についての説明となっていたため、訂正しお詫びいたします。
B問題20;解説書p.110[18/10/09掲載]
選択肢考察
○a アレルギー性鼻炎では鼻粘膜に好酸球が集積してアレルギー性炎症を引き起こす。好酸球が脱顆粒することでヒスタミンやロイコトリエンが放出され,くしゃみ,鼻汁,鼻閉を生じる。鼻汁中には好酸球が多くみられる。
○a アレルギー性鼻炎では鼻粘膜に好酸球が集積してアレルギー性炎症を引き起こす。好塩基球,肥満細胞が脱顆粒することでヒスタミンやロイコトリエンが放出され,くしゃみ,鼻汁,鼻閉を生じる。鼻汁中には好酸球が多くみられる。
C問題22;解説書p.163 複数答を正解といたします。[18/10/09掲載]
 選択肢a「院内感染対策サーベイランスは全国の医療機関で行われる」は,院内感染対策サーベイランスは参加医療機関で行われており,全国すべての全医療機関行われているわけではないことを問う趣旨で出題いたしました。しかしながら,参加医療機関は全国に分布しているため,全国の医療機関で行われていると解釈することも可能です。
 よって本問は選択肢aも〇となりえるため,選択肢a,b,eのうち2つを選んだ場合を正解といたします。
F問題6;解説書p.364[18/10/09掲載]
選択肢考察
〇d 『介護保険法』に基づく国家資格で,ケアマネジャーとも呼ばれる。要支援・要介護者が適切なサービスを受けられるよう,介護ケアプランの作成や,市区町村・介護サービス事業者との連絡・調整を行う。
×e 病院などに勤務する医療ソーシャルワーカーについては国家資格が定められておらず,任命権者(病院設置者や地方公共団体など)の裁量に任されている。
〇d 『介護保険法』に基づく公的資格で,ケアマネジャーとも呼ばれる。要支援・要介護者が適切なサービスを受けられるよう,介護ケアプランの作成や,市区町村・介護サービス事業者との連絡・調整を行う。
×e 病院などに勤務する医療ソーシャルワーカーについては法律で資格が定められておらず,任命権者(病院設置者や地方公共団体など)の裁量に任されている。

第1回

E問題23;解説書 p.312[18/08/07掲載]
【essential point】
筋肉注射の部位としては、三角筋や上腕二頭筋、外側広筋が選択されることが多い。
筋肉注射の部位としては、三角筋や外側広筋が選択されることが多い。
医師国家試験112E006にあるように、上腕二頭筋は筋肉注射の部位として適さないため、訂正しお詫びいたします。