CBTネット模擬試験

CBTネット模擬試験 国試との関係性

第112回国試から出題数が500問から400問になりました。
その背景は,平成27年度より全国すべての医学部において,CBTの合格基準が統一化されたことで,基本的な知識が担保されたと判断されたためです。
つまり国試ではCBTと同内容が出題されるのではなく,さらに先が出題されるのです。国試とCBTの関係性は今後さらに強まります。

CBT模試担当講師によるCBT試験の傾向と対策

CBTで問われる知識は国試対策に直結する非常に重要な内容です。
テコムCBTネット模擬試験はCBT対策としてはもちろん,国試対策の足固めとなることを目標とした出題を行っています。

模擬試験担当講師が,CBT試験の傾向と,その対策についてご説明します。

CBT試験の傾向と対策

国試で問われた内容をCBTネット模擬試験で出題した例